MENU

カリウムの多い食品と腎臓病の関係

カリウムの多い食品について

 

カリウムの多い食品と腎臓病の関係ですが、何よりもきちんと
把握しておく必要があります。

 

カリウムの多い食品と腎臓病の関係については、かかりつけの
医師と相談しながら摂取していく必要があります。

 

 

カリウムの多い食品と腎臓病の関係

 

カリウムの多い食品について

 

カリウムの多い食品と腎臓病の関係については、腎臓に障害がある
場合には、カリウムを十分に尿に排出する能力が弱まっています。

 

その結果、カリウムの多い食品を摂取する事により、体内に蓄積
されてしまうのです。

 

カリウムの多い食品と腎臓病の関係については、蓄積される事で
血液中のカリウム濃度が高くなってしまう事により、危険な状態に
なってしまう場合もあります。

 

不整脈が起きてしまったり、心臓が止まって突然死に至るなど、
心臓に負担がかかってしまう事もあります。

 

そのために、危険を避ける必要があり、血液中のカリウムの濃度が
正常範囲になるようにカリウムの摂取量を制限
する必要が出て
きます。

 

カリウムの多い食品と腎臓病の関係については、何よりも沢山摂取
してしまわないように上手にカリウムの摂取をする事が大事です。

 

 

カリウムの多い食品と腎臓病について

 

カリウムの多い食品について

 

カリウムの多い食品と腎臓病については、大きな関係を持って
います。

 

その中で、カリウムの多い食品を腎臓病の方が摂取する方法を
紹介していきます。

 

@イモ類です。カリウムが多い食品ですが、小さく切って大量の
お湯でゆでることにより、カリウムを50%程度は減らす事が
出来ます。

 

A豆や豆製品です。豆類は他のカリウムの多い食品とは違って、
料理してもカリウムが溶けにくい食品です。

 

しかし、面倒ですが、2度湯でこぼす事により20%程度カリウムを
減らす事が出来ます。

 

B野菜です。全般的にカリウムが多く含まれていますが、茹でて
1時間程度水にさらすとカリウムを減らす事が出来ます。

 

C果物です。果物もカリウムが多い食品ですが、何よりも沢山の
量を食べないように注意しましょう。

 

実際にカリウムの多い食品を腎臓病の人が多く摂取すると大きな
問題となってしまう可能性があります。

 

そのためには、カリウムの多い食品については、腎臓病の方は、
自分なりに工夫して、カリウムの量を減らして摂取することが
大切になってきます。

 

カリウムの多い食品は腎臓病の方は注意が必要となってきますが、
気になっている人は、自分の病状をしっかり把握する為に、
かかりつけの医師と相談しながら摂取していくようにしましょう。

 

 

カリウムサプリ ランキング