MENU

カリウムの多い食品のコーヒーについて

カリウムの多い食品について

 

カリウムの多い食品のコーヒーについては、食品というより、
手軽に摂取できる飲み物です。

 

カリウムの多い食品としてコーヒーが挙げられますが、日常で
休憩する際の飲み物として代表的となっています。

 

 

カリウムの多い食品のコーヒーについて

 

カリウムの多い食品について

 

カリウムの多い食品のコーヒーについては、飲み物ですが、日常で
多くの方が摂取していると思います。

 

その中で、インスタントコーヒーにもカリウムが含まれていると
言われています。

 

200gの珈琲には、大体200mg程度のカリウムが含まれています。
毎日1杯のインスタントコーヒーを飲み物として摂取する事で、
余分なナトリウムを体外に排出する作用があります。

 

更に高血圧の予防や改善に効果を期待する事が出来て、逆に
カリウムが不足する事により、筋肉が低下したり、脱力感がでたり
イライラとした症状がられるようになるのです。

 

高血圧により心臓病や動脈硬化などの深刻な病気にも繋がる
リスクもあり、毎日1杯程度のコーヒーは手軽に摂取する事が
出来るので飲むようにしましょう。

 

実際に飲み過ぎてしまうのは注意が必要となりますが、1杯程度は
毎日飲んでも問題ありません。

 

 

コーヒーのカリウム量について

 

カリウムの多い食品について

 

カリウムの多い食品のコーヒーは多くの方が毎日、飲み物として
摂取していると思います。

 

その中で、どのくらいの量のカリウムがコーヒーに含まれているの
でしょうか。

 

缶コーヒーには、100mlあたり約100mgでインスタントコーヒーの
場合には、100mlあたり約70mgで、ドリップコーヒーには、
100mlあたり約50mgとなっています。

 

缶コーヒーにはドリップコーヒーの約2倍ものカリウムが入って
います。手軽にカリウムを摂取したいと考えている場合には、
缶コーヒーがお勧めできます。

 

しかし、カリウムの多い食品のコーヒーを1日に何杯も飲んで
いる人がいます。カリウムの過剰摂取になってしまうのではないか
と考えている人もいます。

 

一般的に成人の方のカリウムの摂取については、2000mg〜2500mgと
なっているので1日に数杯コーヒーを飲んでも問題ありません。

 

カリウムが不足する事により、体の脱力感や食欲不振などの症状が
出てしまう場合もありますので、特に夏場には、飲み物として
コーヒーを多く摂取することで、カリウムの不足を補う事が
出来ます。

 

腎臓などに疾患がある場合には、カリウムの摂取量に制限がある
場合もありますので、その際には、かかりつけの医師に相談して
摂取するようにしましょう。

 

カリウムの多い食品のコーヒーについては、たくさんのカリウムを
体内に取り入れることが出来ますので、休憩時に摂取するように
しましょう。

 

 

カリウムサプリ ランキング